かわら版(SANYO版) 瓦歴史資料館 プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ

山陽瓦イメージ画像

山陽瓦:沿革

昭和 21年 11月   岡山県倉敷市水江にて 創業者 石井 茂が 山陽瓦 石井商店 を創業
  36年 4月   資本金100万円で (有)山陽瓦 石井商店 を設立
  40年     手摺セメント瓦から厚型スレート神前式に移行
  44年 1月   不二式ブロック成形機から伊都工業D300Cブロックマシンバッチャープラント設置
  45年 10月   資本金1000万円に増資
  48年 3月   江東全自動式プレス機設置
全自動式プレス機1機、手動式プレス機2機で製造
  50年 3月   空洞コンクリートブロック日本工業規格認可(JISA5406第674065)
  50年     石井 二郎 代表取締役専務に就任
  51年 2月   全自動式プレス機1機、半自動式プレス機1機、手動式プレス機1機を増設
厚型スレート月産20万枚体制を確立
  51年 4月   円形静電塗装ライン設置
静電塗装瓦「鷲羽」「光輝」の販売開始
創業30周年式典開催
  52年 9月   洋風セメント瓦「マドリード」の販売開始
全自動プレス機1機、半自動プレス機1機を増設
厚型スレート月産30万枚体制を確立
  52年 10月   資本金4000万円に増資
  53年 9月   宇島式静電塗装ライン10列設置
静電塗装月産25万枚体制を確立
空洞コンクリートブロック製造中止 JIS返納
  53年 10月   倉敷市中島一本木開に営業本部を開設
山陽道を中心に下関まで販路拡大
  54年 7月   広島営業所を開設(広島市安佐南区高取南3-12-27)
  54年 12月   全自動役瓦製造機を増設
厚型スレート月産37万枚体制を確立
  55年 7月   厚型スレート月産47万枚体制を確立
  55年 10月   福山営業所を開設(福山市駅家町大字万能倉1493-3)
  58年 9月   岡山支店を開設(岡山市長岡449-4)
岡山支店内に山陽瓦会館を開設
  61年 10月   石井 茂 取締役社長を辞任し取締役会長に就任
石井 二郎 代表取締役社長に就任
  62年 10月   関連会社 山陽ルーフ(株)設立
平成 2年 4月   (有)山陽瓦 石井商店から (株)山陽瓦に社名変更
  2年 5月   (株)山陽瓦本社を移転(倉敷市中島2360-20)
  3年 3月   福山営業所を譲渡
  4年 8月   一般建設業許可取得(屋根工事)
  6年 10月   創業者 石井 茂 逝去
  7年 1月   積水ハウスオリジナル瓦のSH-Aを共同開発 中四国総発売元
  7年 9月   (株)山陽瓦本社を移転(倉敷市中島2360-20)
トランクルーム併設
  8年 2月   広島営業所を移転(広島市安佐北区可部町勝木118-7)
  9年 8月   大山保養所新築工事竣工
  9年 11月   山陽ビル(旧岡山支店)増築工事竣工
  12年 3月   岡山支店を閉鎖 本社に集約
  13年 3月   セメント瓦製造中止
  14年 6月   ISO9001認証取得
  15年 7月   セメント瓦工場跡地にサンルーフパークマンション新築工事竣工
石井 二郎 NPO法人たけのこ村建設推進委員長に就任
  17年 3月   産業廃棄物収集運搬業許可取得
  17年 4月   たけのこ村新築工事竣工
  17年 9月   石井 二郎 秋篠宮両殿下に拝謁
瓦リサイクルプラント設置
瓦プレカット設備設置
  17年 12月   産業廃棄物処分業(中間処理)許可取得
  18年 10月   創業60周年式典開催
  19年 5月   解体工事業登録
  19年 11月   秋篠宮殿下大原美術館にて拝謁
  20年 5月   トランクルーム閉鎖
  21年 10月   資本金4000万円から6000万円に増資
大阪中小企業投資育成株式会社より出資
  24年 10月   技工房開設
  26年 5月   一般建設業許可業種追加取得(総合建設業)
  26年 8月   (株)山陽瓦米子発電所稼働
  27年 6月   皇室御交流44周年 たけのこ村創立
40周年秋篠宮文仁殿下御成り
  27年 9月   瓦歴史資料館設置(拝観無料)


株式会社 山陽瓦
Copyright (C) 2008 Sanyo Kawara. All Rights Reserved.